スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍サービス Google Editions は米国で年内開始、数十万冊とりあつかい




Googleが電子書籍サービス Google Editions を年内にも開始すると、Wall Street Journalが報じています。同社マネジメントディレクターのScott Dougall氏が答えたもので、まずは米国内で展開し、その他の国では来年の第1四半期に開始する予定とのこと。Googleは7月の東京国際ブックフェアに出展していたこともあり、日本においても早期展開が期待されています。

Google Editions構想は今年はじめのデジタルブックワールドカンファレンスで明らかになり、夏ごろにも開始というふれこみでしたが、コンテンツビジネスにありがちな「プロジェクトの複雑性のため」(Dougall氏)に計画が遅れ、続報も途絶えがちでした。しかし年内といえば「まもなく」も同然。何度目かの電子書籍ブームで盛り上がる今日この頃、いよいよGoogleのターンがはじまりそうです。

電子書籍事業では後発となるGoogle Editionsの他にない特長は「オープン」な「どこでも読める」モデルを展開すること。購入した書籍はGoogleアカウントに紐づけられ、基本的にはウェブブラウザ経由で読むことになります。このためPC、スマートフォン、タブレットといった端末の種類を問わず、マルチプラットフォームで閲覧することが可能。電子書籍自身もGoogle本家のストアが提供するだけでなく、出版社などが独自ストアを展開したり、他の電子書籍ストアが相乗りしたりという形で、Google Edition用に販売することが可能となっています。

記事によれば、すでにGoogleは多数の大手出版社との契約をとりつけており、同社エンジニアのJames Crawford氏いわく「ローンチ時か、そのすぐあとには」AmazonやBarnes & Nobleといったライバルと同程度となる数十万タイトルを、同じような価格設定で取り揃える予定です。さらにコンテンツの拡充という意味では、こうしている今も書籍のスキャンを淡々と進めているGoogle ブックスとの連携も、当然ながら予想されるところです。

争点となりそうなのは、コンテンツ提供側の分配がどうなるかです。かたやAmazonは、取り分を増加を餌に他プラットフォームへの展開を制限しようと目論んでいます。どの陣営についていけば幸せになれるのか。出版社も作家も読者も、紙の時代とは違った悩みを抱えることになりそうです。
Read | Permalink | Email this | Comments

関連記事
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
5453位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
910位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。