スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル純正 Thunderboltケーブル (4800円)の中身

Filed under: ,


話題の新製品を片端から分解する iFixit が、今度はアップルのThunderbolt「ケーブル」を分解しています。Thunderbolt といえばインテルとアップルの協力で開発され、最新世代 Mac に採用された新しい接続規格。双方向に10Gbps の高速転送に加え、種類の異なる複数の機器を直列に接続できる特徴を備えていますが、新興規格とあって対応機器は少なく、最初の周辺機器 Promise Pegasus RAIDストレージがようやく Apple Storeに入荷した状態です。また Pegasus RAIDシステムにはケーブルが付属しないため、接続には必ずThunderboltケーブル (アップル純正のみ、4800円) を購入する必要があります。

わざわざケーブルの分解という珍しい企画に至ったのは、形状は Mini DisplayPort と共通なのに4800円 / 49ドルと高価な Thunderbot ケーブルの中身を確認するため。iFixit によれば、やはりコネクタ部分には両端ともトランシーバチップ (Gennum GN2033) を含む複数のチップが見つかっています。載っているのは刻印のあるチップが計12個、そのほか抵抗などの部品が多数。単に動線とコネクタだけのパッシブケーブルではなく、独自の信号処理チップとファームウェアを内蔵し、超高速転送をサポートするアクティブケーブルが中身でした。

Thunderbolt 発表時の情報では、ケーブル側にチップを内蔵する設計により、将来的に銅線よりもっと高速な光ファイバーを使ったThunderbolt が登場した時も現在の機器で使える、つまり前方互換性を持たせられるという説明もありました。というわけで、もともと安くないアップルの純正ケーブル類にしても高いのは純正しか存在せず競争がないから (だけ) ではなく、ケーブル自体が複雑な製品だから、といえる結果でした。とはいえ、Thunderbolt機器の接続には必ずこのケーブルが台数分必要になるコストは変わりません。ケーブルを劇的に安価にはしづらいこの設計から、一般向けのUSB 3.0対抗よりかつてのFireWire的な位置づけになるのでは、との観測も無理からぬところです。
Read | Permalink | Email this | Comments

関連記事
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
7399位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
1209位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。