スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wii Uはなぜ株価が下がる程低評価なのか

Wii Uの発表後、任天堂の株価が下がりました。これは任天堂が市場の期待を裏切った証拠です。しかし実際に発表されたWii Uは市場の要求に十分応えている高性能なゲーム機です。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

Wii U発表後に任天堂の株価が下落し、市場が任天堂に落胆したことを示しました。

Wii後継機への期待に応えた内容がWii Uになかったという評価だけでなく、E3で3DSに対するサプライズ発表が殆どなく3DSへの評価を高めるような提案がなかったという一面もあったでしょう。

しかし、E3で発表こそされなかったもののWii UのGPUはPS3/Xbox 360より新しいDirectX 10.1世代SM4.1対応のRADEON HD4000系であり、実はグラフィック性能は印象程悪くないどころか既存のゲーム機の中でも新しいだけあって最新鋭の高性能といえるのです。

にもかかわらず株価が下がった=評価が低かった。

3大ゲーム機メーカーの中で、一番売れているにもかかわらず今やテレビに標準装備されているHDMIを唯一持たないというHD非対応のWiiの弱点を補うべく開発されたWiiの後継機「Wii U」。

市場の要求に応えたはずのWii Uに期待値が上がらないのは何故でしょうか。

WiiU

PS3は2006年、Xbox 360は2005年発売です。

もちろん5~6年昔のマシン、つまりPS3やXbox 360より劣るようなもの、ないしは同等性能のものを今更わざわざ出すほど間抜けなことはないでしょうし、DirectX 10.1世代のRADEON HD4000系といっても2008年にリリースされたGPUであり、普通に現代のチップを使う戦略なので先進的なことをしている訳でもなんでもありません。

更にモデルチェンジ間隔が短いPCでは、2009年に発売されたWindows 7の時点でDirectX 11世代SM5.0への移行が行なわれているようですので、Wii Uが最先端ということもありません。

グラフィックが高性能というイメージのあるPS3ですが、GPUのアーキテクチャ的には2005年のGeForce 7800系であり、Wii Uの方が3年分新しいといえます。PS3は発売当時ですらかなりのコストを掛け過ぎた感がある程何年先をも見越したハイスペックマシンでしたので2011年の今でもスペック的に劣るものはないと誰もが感じているでしょう。そのPS3の3年先の技術であれば落胆されるような内容になりようがありません。

WiiからWii UへのモデルチェンジによってHD化を果たし、市場の要求である念願のHDMI対応やハイビジョンテレビでのゲームプレイが実現するのです。

それにも関わらず、評価は思わしくありません。

正直に言うと、事前にWii後継機に対して様々な情報、憶測が流れ、期待に胸膨らませてE3でのキーノートを聞いた後、Wii Uの存在感が大きく…なりませんでした。
なんだ、HD出力に対応してコントローラーにタッチパネル付いただけであんまりかわってないじゃん、と受け取ってしまったからです。

私自身、そう受け取ってしまった理由は3つあります。

1つ目は、タッチパネルが付くというのが事前情報の話題の中心ではあったものの、E3のキーノートで明けても暮れてもコントローラーの話に終始したこと。

2つ目は、RevolutionがWiiになったように、事前に話題となっていた「Project Cafe」というコードネームからどんな名称が出てくるのだろうという期待を完全に裏切る”U”付いただけのWii Uという名称。

そして3つ目は、事前にリークされていたタッチパネル液晶が付いたコントローラーという情報そのものでキーノートが終了してしまったこと。

このうち、一番問題だと思われるのは3つ目に挙げたコントローラーの形状です。
事前に6インチ程度のタッチパネルが搭載されていると聞いて、タブレット端末のようなものがそのまんまコントローラーになっていたら操作しにくいだろうと考えました。
iPadでゲームをプレイしたら重くて疲れましたので。

ですから、タブレット端末形状であるはずがない、と当然のように考えていました。

きっと誰もがそう思ったのでしょう。ですからこんな予想画像が出回ったのです。

ProjectCafe_Controller

今となっては上記予想図は完全に希望的憶測に基づく想像図だと分かります。希望的憶測、そうです。つまり、みんなこれを待っていたのです。

それが、フタを開けたらあり得ないiPad形状だった訳です。
しかも、E3での発表はiPadだけで押しまくるという(ユーザー視点で表現すれば)任天堂の失態。

肝心のHD対応そっちのけです。
なんだ、HD出力に対応してコントローラーにタッチパネル付いただけであんまりかわってないじゃん、みたいな受け取り方しませんでした?Wii Uに。

更に問題なのは3DSもWii Uもそうですが

「キープコンセプト」

であるだけでなく、Wii U本体の話については実物もスペックも全く強調することなく流してしまったため、あり得ないコントローラー一本槍で見た目に「キープコンセプト」を感じさせてしまったのが低評価の最たる理由です。

PS3やXbox 360は本体自体に存在感があります。
ゲーム機には本体の存在感と所有欲は大切なファクターです。それがWii Uでは希薄過ぎるのです。つまり、現在の価値観とはマッチしていないということです。

もちろん数年先にはコントローラーこそ主役という時代が来るかもしれませんが、少なくとも今は、そして今の私には本体の存在感は大切です。

そして3つ挙げた理由に共通することとして、すべてが事前にリークされていた情報と紐付いていたことが挙げられます。

つまり、事前情報そのまんま、サプライズなし、ということです。

Appleのように事前にリークされていても話術で「リークされていた話が今ここに!」的な発表をしただけでも相当印象が変わってくるでしょう。サプライズ機能をさもサプライズであるかのように発表するのもAppleが得意とするところです。

任天堂がAppleのiPadやiPhoneをライバル視するのは構いませんが、安価な、あるいは無料のゲームの質を非難し、ゲーム機のコンテンツとして高額価格で売るゲームの質を宣伝してライバルを駆逐することが必要なことではなく、本当に必要なことはスティーブ ジョブズのような戦略的話術の研究だと思います。スティーブ ジョブズのようなカリスマ性は真似できないとしても。

ちなみに余談ですが、Appleの評価が高いかのような文章に思われるかもしれませんが、Appleはスティーブ ジョブズがキーノートに立てなくなったら多分Appleの時代は終わります。PowerPC Mac時代のように…

つまり、製品の魅力よりも、話術。任天堂が見習うべきところです。



Published by  Published by xFruits
Original source : http://gamegaz.jp/blog/2011/06/15/719...
関連記事
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4743位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
804位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。