スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の日本ゲームファン、メッセージ番組で義援金募集

Gamers Heart Japan 公式ページ
画像の拡大

Gamers Heart Japan 公式ページ

 東日本大震災の後、世界のゲームファンの間で日本の復興を支援しようという動きが活発になっている。その1つが、ゲーム好きたちが共同で義援金を募集する「Gamers Heart Japan」という活動だ。米ゲーム専門のケーブルテレビチャンネル、G4TVが企画し、60分番組として4月3日に放送され、その後、動画サイトのYouTubeなどにアップロードされた。番組には米国の主要ゲームメディアが協力し、日本の作品が好きなゲーマーたちに対して、米国赤十字を通して義援金を送るようメッセージを送っている。

■開発者と編集者が語る「日本」

 番組に登場するのはアメリカのゲーム開発者やゲームメディアの編集者らだ。彼らは日本のゲームからどれほど大きな影響を受けてきたかを語ることによって、地震や津波の災害に直面した日本のために「ゲーマーとして何かできないだろうか」という問題意識を提示している。募金集めの対象地域は米国、カナダ、イギリス、オーストラリアの4カ国だ。

阪神タイガーズのユニフォームを着てインタビューを受けるウィル・ライト氏
画像の拡大

阪神タイガーズのユニフォームを着てインタビューを受けるウィル・ライト氏

 登場するゲームデザイナーは、わざわざ阪神タイガースの応援ユニホームを着ている。シムシリーズの生みの親として有名なウィル・ライト氏や、「アサシンクリード」シリーズの開発経験を持つカナダUBIトロントのマキシメ・ベランド氏、「ギアーズ・オブ・ウォー」シリーズのクリフ・ブレジンスキー氏など、北米を代表する中堅からベテランのゲーム開発者17人のほか、ゲーム誌のライターや編集者が次々に登場。日本のゲームに対して自分がどんな気持ちを抱いているかを述べる内容になっている。そして、自分たちが「大好き」な日本の復興のために、募金に協力してほしいと語りかけている。

■欧米に染み込んだ日本のゲーム

 一連のインタビューは、単に寄付を求めるだけにとどまらない。我々日本人にとって興味深いのは、いま欧米圏で日本のゲームがどう受け止められているのかが見えてくる側面もあるからだ。開発者らの体には、子供時代から遊んできたゲームを通じて「何か」が染みついているのだ。



関連記事
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2703位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
467位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。