スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界最強スマートフォン」モトローラATRIX 新プロモ動画


今年のCESでベストスマートフォンに選ばれたモトローラ Atrix 4G の新プロモ動画が公開されています。どーんと現れるキャッチコピーは「World's Most Powerful Smartphone」、世界でもっともパワフルなスマートフォン。おなじNVIDIA Tegra 2 採用機であるLG Optimus 2X と世界最強の座をダブルブッキングしていないか不安になりますが、Androidの定番ベンチマーク Quadrant では、CES 2011で展示された開発中の機体でも両社余裕で2000越えをマークするなど処理性能では最強に間違いありません (試した個体では2X は 2200台、Atrix は2600台。ただしどちらも開発中なので正しい数値が出ているとはかぎりません)。

デュアルコアCPUと1GBのRAMでウェブページのレンダリングをはじめ何もかもキビキビと速いことに加えて、4型960 x 540ディスプレイ採用機にしては小さく薄く手に馴染むロープロファイルなデザイン、9時間通話のスタミナ、前後デュアルカメラなどさまざまな売りのある Atrixですが、やはり目玉は「パワフルすぎてノートとしても普通に使えます」なノート型ドックが用意されるところ。プロモ動画では、いまひとつイメージが湧かないスマートフォン / ノートドックの使用例を演出の妙で見せてくれます。Atrix の発売は米国で2月はじめ。価格は2年契約で150ドルや200ドルなど、まったく高価ではない点も注目の機種です。

Read | Permalink | Email this | Comments

Published by  Published by xFruits
Original source : http://japanese.engadget.com/2011/01/31/atrix/...
スポンサーサイト

企画は経営陣を含め選定・・・「ソーシャル、日本の挑戦者たち」第19回 KLab中編

「ソーシャル、日本の挑戦者たち」は引き続きKLabの森田氏に、ゲームのプロデュースについて聞きます。――ゲームの企画はどのように生まれるのでしょうか?マーケティング的な考え方をしながら僕らはタイトルを選んでいるので、「これ面白いからやりましょう」の発想だけで動きたくないというのはあります。経営レイヤーの人間手動で、マーケティング的に有効であるプラットフォームとゲームのテーマをざっくり決めた上で、現場の人間を巻き込んで、中身は現場主導で作っていく形です。ただ、我々の場合レビューがすごく多いです。初期の企画を作っている段階で、社長含めた週一レビューを1か月くらい続けます。1か月が終わり、骨子が固まった後も、開発フェーズが進むたびに必ずレビューが入って、細かいチェックポイントを指摘して修正していきます。開発の行程ごとにやっているので、クオリティにあまりブレがないのかなと思います。実際にプロデューサーやディレクターと、定期的に同じアプリに関してのディスカッションを行うことで、目線をトランスポートしたり共有しています。任せて経験させてトライアンドエラーで、というよりは、僕らの持っているTipsを共有しその上で彼らからより広がったアウトプットをもらうといったキャッチボールしながらやっているんです。丸々プロデューサーに投げてしまうより、効率がいいと思っています。人材育成にも繋がりますし、ナレッジの共有の仕方としてもすごく効率的だなと思いますね。―――御社ならではの取り組みですよね。他はあまりこういったやり方はしていないですよね。経営層がかなり案件に入っているので稼働は多いんですけど1本1本のタイトルが会社の命運を握っているので、現場のプロデューサーに全責任を負わせるのは違うと思うんですよ。経営陣含めて、企画レベルまでしっかり責任を負ってやるのが我々のスタイルです。ただ、プロデューサーのレベルはどんどん上がってきてますし、企画的なスキルの他にビジネスを見る目線も同じくらいのレベルでできるまで育ってくれば、ある程度任せていくつもりです。とはいえ、1人で考えるよりは3人、4人で考えた方がアイディアは多く出ますし、インスパイアされてどんどん広がっていくので、やっぱりみんなでやるスタイルは崩さないかなと。中央集権型全員野球スタイル、ですね(笑)―――収益モデルですが、課金収益、広告収益、リワードのバランスを教えていただけますか。もう殆ど課金ですね。リワードや広告はあまり入れていないです。理由はこれといってなくて、課金メインでそこに注力しているのであまり意識していなかったという感じです。今後ちゃんとしていきたいなと思います。―――今後リリースするアプリのイメージですが、本数少なめで毎回ホームランなのか、ヒットを量産なのかどちらでしょうか。これはもうホームランですね。全打席ホームラン狙っています。でも、何をもってホームランというのか定義にもよりますけどね。全タイトル月1億円を売り上げる気持ちで作りますけど、実際に全タイトルで月1億円売るというのはなかなか厳しいので、月1億円を目指しつつも、現実的には、最低でも月2、3千万円は越えていかないと、という感じですね。―――今後のアプリリリースのスケジュールについてお話できる範囲でお願いします。うちの場合、意外とちゃんと決めていないんですよ。ここもきっと他社さんと違うところで、決めているのは、今あるラインの次の仕事くらいまでといったところです。その次以降の大枠はある程度イメージしているんですが、意図的に、具体的なものには落とし込んでいません。何故かというと、トライでやっているPCのプラットフォームもありますし、情勢やトレンドが結構頻繁に変わるので、あまり早い段階で内容を固定することは、逆に機会損失になる可能性があります。なので、大きな流れだけは把握しつつ、次のラインの仕事はきっちりと割り当てるスタイルになっています。今後のリリーススケジュールに関しては、春先くらいまでに、モバイル向けに新作・移植合わせて4、5タイトルくらい出したいですね。PC向けにも移植も含めて2、3タイトルくらい出したいというイメージです。―――ちなみに新作はどういった感じのアプリなんですか?流石に新作はちょっと言えないですよ(笑)。まぁ、でも言ったところで似たようなアプリが出てきても、あまり関係ないと思っています。どうしてそう思うかというと、前回11月にモバゲーさんにアプリを出した時に、アプリの数が多くてその中で埋もれてしまうんじゃないかとか、思ったよりユーザー取れないんじゃないかと散々心配したんですよね。あとは、もうどこのジャンルに行っても既に何かあるじゃないですか。でも、実際出してみて、ちゃんと水準以上のものを作れば、数が多くてもテーマが被っていても、ユーザーはついてきてくれるということが分かったんです。だから、「今まで誰もやっていないジャンルにチャレンジします!」というノリじゃないです。他社がある程度成功されているカテゴリとか、成功まではいかなくとも有望そうなカテゴリに被せていくというのは、全然普通にやります。―――コンシューマーでやってた人がこの盛り上がりを機会に、ソーシャルへの転職を考えられている方も多いのですが、企画・プロデュース職に求められる要素を3つ挙げるとしたらはどういったものでしょうか。僕らの場合、経験がなくても能力がある人はどんどん入っていただきたいなと思っています。ただ、分析する力は欲しいかなと思いますね。ソーシャルアプリはトライアンドエラーの連続だったりとか、データを読んで次にすべきことを見つけていくといったところがとても大事なので、自社のデータを見て分析したり他社のアプリを比較して良いところや弱点を的確に見抜く、といった分析力は最低限必要ですね。次に応用力です。分析だけできても自分たちが運営しているアプリに落とし込めないと意味がないですし、成功しているものと丸々同じものをやっても意味がないと考えています。どこかの会社で成功したイベントや企画をそのまま自社のアプリに持ってきたとしても、ゲームバランスもユーザー層も男女比率も行動パターンも違うのに上手くいくはずがないんですよね。自分たちのゲームに落とし込んだ時に、参考にしたアプリの良い要素を上手く生かしながら、自分たちのアプリの特性を掴んだ上で、より面白くするにはどうしたらいいだろうということを広げていける応用力もとても大事だと思います。また、企画のパターンが大体決まってきてしまってよくある企画をみんな出しがちなんですが、ソーシャルアプリの歴史はまだ1年2年しかないので、今あるパターンはまだごく一部だと思うんですよ。これから新しいパターンを作っていくというところを求めたいので、どんどん新しいアイディアを出せる発想力のある人は欲しいです。でも発想力も、応用力や分析力とセットですよね。新しいアイディアだけ出せても質が伴わないと困るので、きちんと分析や市場やアプリの状態に基づいて有効なアイディアを沢山出せる人がいいですよね。自アプリ分析と競合アプリ分析、更に求めるならば市場の大枠のトレンド分析が出来た上で、自分たちのアプリにとって良い企画なんだろうかと考えてアウトプットしてほしいです。それは必ずしも新しいことじゃなくてもいいんですけど、真似をするにしてももその裏付けが必要ですね。真似をしていると結局どこのアプリも同じになってしまうので、そうでなくて自分たちなりに考えて新しい仕組みを作って提供していくというところで成長していけるのかなと思います。最後は緻密さ・丁寧さですね。仕事が雑な人はやっぱり向いていないかなと正直思います。数字を見たり、ボタンの配置1つでユーザーのアクションが変わったりもするので、そういった細かいところまでこだわって見ていられる人の方が向いているかなという気はします。これらは、最初の段階では全部備えていなくてもいいと思います。最低2つあればいいかなと。能力としてまだ開花していない状態でも大丈夫です。―――そこはKLabで開花させる、と。そうですね(笑)。そもそも、この業界でキーマンとなっていろんなところで話されている方は、ソーシャルアプリやって1年とかじゃないですか。なので、やったら絶対できるんですよ!

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2992...

ファームウェアv3.60でPS3にクラウドストレージサービスが導入という憶測

Kotakuが先週伝えた噂によると、ソニーはPlayStation 3の新たなクラウドストレージサービスの情報をデベロッパーに公開したそうです。これは、通常PS3のハードディスクに保存するゲームのセーブデータを、ソニーのクラウドサーバー上に保存できるというもの。データをオンライン上にアップロードすることで、HDDのスペースを節約できるだけでなく、いつでもどの本体からでもデータにアクセスできるという利点が生まれます。情報提供者によると、ソニーはこのサービスを“Online Saving”と呼んでおり、バージョン3.60となる次期ファームウェアアップデートで導入する見通しとのこと。また、当面はPlayStation Plus有料会員限定となることや、各タイトルへの対応はデベロッパーの任意であるといった情報が伝えられていますが、全て噂レベルのものです。尚、SCEは過去にPS CloudやCloudsurfといった商標を登録しており、今回の情報との関連性が指摘されています。

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2991...

ARモード付き釣り体感おもちゃ「バーチャルマスターズリアル」

Filed under: ,


「バーチャルマスターズリアル」というとんでもない名称が与えられた本品は、ひらたく言えば釣り体感おもちゃです。カラー液晶に表示される魚を狙って釣り上げようとすると、糸が飛ぶ音が聞こえ、ロッドがしなり、本体が震え、リールが重くなるなど、釣りを体感することができます。斬新なのは内蔵カメラを利用した「ARモード」を備えていることで、「本体に搭載したカメラを通してみえる風景が、どこでも釣り場に変身する」うえ「あらゆるものを感知すると、液晶画面に水中で泳ぐ魚が出現」するとのこと。購入者にいったいなにを要求しているのか分かりませんが、釣りたいって思った時にはすでに行動は終えていろということでしょうか。なんにせよ、こうしてARという用語がごく一般的なおもちゃの一機能としてアピールされる日が来るとは、なかなか感慨深いものがあります。販売はタカラトミー。バッテリーは単三電池 x4、対象年齢は6歳以上。7月発売予定で、予価6279円です。

プレスリリース(PDF)
Permalink | Email this | Comments

Published by  Published by xFruits
Original source : http://japanese.engadget.com/2011/01/31/ar/...

動画:マーク・ザッカーバーグ vs マーク・ザッカーバーグ


1月29日放送のサタデー・ナイト・ライブより、映画「ソーシャル・ネットワーク」でFacebookのマーク・ザッカーバーグ CEOを演じたジェシー・アイゼンバーグと、マーク・ザッカーバーグ本人がはじめて対面する様子です。ああいう描かれかたをされても、こういう場に出てくるCEOの懐の深さは見習いたいもの。カメラに目線をやりながら「俺が本人なのに!」と脚本どおりのコントをこなすところ(2:30あたり)や、「あの......観た......映画の......ソーシャル......?」「うん......」「ええと......どうだった......?」「おもしろかったよ......」という深いやりとり(4:00すぎ)は見物です。

Permalink | Email this | Comments

Published by  Published by xFruits
Original source : http://japanese.engadget.com/2011/01/30/vs/...

Google、Android 3.0 "Honeycomb" 解説イベントを2月2日に開催

Filed under: ,


iPad向け新聞 "The Daily" が発表される2月2日の水曜日に、Googleもマウンテンビュー本社でAndroidイベントを開催します。予告されている内容は、先日発表されたAndroid 3.0 "Honeycomb"の詳細な解説、Androidエコシステムのニュース、そしてハンズオンデモ。CESで発表された、Motorola Xoomをはじめとする多数のAndroidスマートフォン & タブレットの振り返りはもちろん、現状スマートフォン向け最新版の"Gingerbread"と、タブレット向けではありながらスマートフォンへの展開も見込まれている"Honeycomb"の使い分け、そしてMobile World Congressの前哨戦となるような新サービスなどにも期待したいところです。
Permalink | Email this | Comments

シリコンスタジオ、ビジュアル・グラフィックスと事業統合を視野に入れた提携

シリコンスタジオは、映像関連ビジネスを行うビジュアル・グラフィックスとの間で、将来の事業統合を視野に入れた業務提携に合意したと発表しました。シリコンスタジオのソリューションスタジオ事業部では放送事業者およびプロダクションの映像制作に携わるソリューションを提供。映像機器関連のシステムインテグレーションを始めとして、撮影から合成・編集までの一連のワークフローのソリューションを提供しています。一方のビジュアル・グラフィックスは、大容量を扱う映像制作のワークフローのボトルネックを改善する、SAN環境のハイスピードネットワーク・インフラをバックボーンとしたワンストップソリューションを提供しています。今回の業務提携で両社の蓄積してきたノウハウを活かして更なるサービス強化を図りたいとしています。また、業務提携でシリコンスタジオのソリューションスタジオ事業部は営業およびサポートの活動拠点をビジュアル・グラフィックス社内に移転したとのこと。シリコンスタジオは2000年に日本SGIを分割する形で設立。「DAIKOKU」「YEBIS」といったゲーム開発向けミドルウェア、『3Dドットゲームヒーローズ』『己の信ずる道を征け』といったゲームの開発、クリエイターの派遣や紹介、そして映像関連ソリューションの提供を行っています。

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2990...
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3285位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
564位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。