スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍が如く OF THE END』14歳になった遥が制服姿で縛られてるエロいシーン

「龍が如く OF THE END」ストーリー/キャラ設定&多数のスクリーンショットを公開龍が如く最新作の「龍が如く OF THE END」シリーズおなじみの遥も14歳に成長して登場!新たに公開されたスクリーンショットではその中学生の遥が制服姿のまま腕を縛られ口をガムテで...


「龍が如く OF THE END」ストーリー/キャラ設定&多数のスクリーンショットを公開
龍が如く最新作の「龍が如く OF THE END」シリーズおなじみの遥も14歳に成長して登場!
新たに公開されたスクリーンショットではその中学生の遥が制服姿のまま腕を縛られ
口をガムテで塞がれてる緊縛シーンがなぜかエロいようにしか見えない



遥(はるか) CV:釘宮理恵


桐生と共に暮らす少女。桐生の最愛の女性、由美が遺した十四歳の少女。
桐生とともに沖縄へ渡り、親のいない子供たちと一緒に養護施設「アサガオ」で
暮らしている。中学生となり、施設の小学生達のお姉さん的な立場で、皆の面倒を見ている。
2011年3月、自身が育った養護施設「ヒマワリ」からの招待を受け単身沖縄を発つが……


緊縛シーン















もうこんな姿エロいことされる直前に決まってるじゃない


おまけ 幼女



関連記事
『龍が如く OF THE END』神室町にゾンビが大量発生!ゾンビと戦うヤクザ達!
『龍が如く4』中学生に成長した遥のセーラー服姿がたまらん

RSSリーダーで見るために変換していますo


ソニー PS携帯 / PlayStation Phone 続報、コードネームは" Zeus "

Filed under: ,



ソニエリ PlayStation Phone / プレイステーション携帯の続報をお届けします。PS携帯はソニエリが開発する、スライド式のゲームコントロールを備えた Androidスマートフォン。サムスンのGalaxy S / Captivate と PSP go を合わせたような外観に、ソフトウェアはAndroidの次期バージョン 3.0 および独自のゲームプラットフォーム( " Z-SYSTEM " ? ) に対応します。今回の新画像は筐体側面の4方向およびAndroid OS の画面。

システム情報に表示されているモデルナンバーは " zeus " になっています。Android OS のバージョンは 2.2 Froyo。ただし情報提供者によれば、すでに3.0が動いている個体も存在しています。使用されている(micro) SDカードは8GB (7.60GB)。内蔵ストレージの利用可能容量は453MBとなっていますが、製品版で何GBのストレージを内蔵してくるかはまだ分かりません。クロームの金属(っぽい)パーツになった側面には go よりは押しやすそうなLRボタン、go の独自ポートではない USBポートなど。ヘッドホン端子は縦持ち正面から見て左側面、横持ち(ゲーム持ち)をしたときの下側左寄りにあるようです。(一般の携帯のように縦持ちしたときの下部や上部に置くと横持ちしたときに手と干渉する。しかしPSP goのように横側面の中央にすると、ヘッドホンを挿したままポケットに出し入れしづらい)。PSフォン / Zeus / Z-SYSTEMについては現在さらに複数のソースに取材中。新情報がありしだい続報をお伝えします。





Permalink | Email this | Comments

稲船敬二氏がカプコンを退社へ・・・「いつまでも階段を昇り続けたい」

ロックマンの生みの親として知られ、現在も数多くのプロジェクトに携わる稲船敬二氏が、カプコン及び社長を務めるダレットを退社することが、同氏のブログ投稿内容から明らかになりました。退社の理由は明確にされていないものの、稲舟氏はカプコンでの23年間のキャリアを振り返り、「開発としてはカプコンの頂点を極めた。もう昇る階段はそこにはない」「優雅にこの椅子に座り、この業界の重鎮になることも良かったのかもしれない。でも、俺には出来なかった」と説明。「人生をやり直すつもりで俺はカプコンを卒業するよ。そこには上に向かう階段が見えるから。休んでる場合じゃなく、その階段を一歩一歩大事に進んでいくよ。俺はいつまでも階段を昇り続ける人生が似合ってるよ」などと今後の展望について語っています。稲舟氏は、先日発売された『デッドライジング2』の他にも、『ロックマン DASH3 PROJECT』、『メガマン ユニバース』、『DmC: Devil Cry May』など数多くの新作タイトルを監修していました。具体的な退社時期、後任人事など今後カプコンから正式な発表があるのを待ちたいところです。

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2348...

Google Nexus Twoは11月8日発表、サムスン製とのうわさ

Filed under:


Google自らがふたたびAndroidスマートフォンを提供するという情報が相次いで報じられています。先陣をきったのは英国のCITY A.M.で、大手モバイル販売の Carphone Warehouse がクリスマス商戦に向けてNexus One後継機を国内独占で販売する、というのが記事の内容。Nexus One後継機、つまりNexus Two(仮)自身の内容についてはほとんど不明で、新バージョンのAndroid(=Gingerbread)を搭載する、しかしサムスン製という噂は間違いだろう、という記述に留まっています。

さらに具体的な「うわさ」を報じたのがAndroid and Meです。複数の信頼できる情報源から得た話として、Googleが11月8日にニューヨークでNexus Twoの発表イベントを行うと伝えています。CITY A.M.とは反対に端末はサムスン製になるという予想で、やはりGingerbreadを搭載するとのこと。またNexus One(の当初の計画)同様、さまざまなキャリアで登場する見込みです。

そしてGizmodoは「友人が実際に体験した」話として、Nexus Twoはサムスン製と断定。4型の有機ELを搭載する、Galaxy Sそっくりの端末になると伝えています(というわけで掲載した写真はふつうのGalaxy S)。ただし相違点として、フロントカメラを搭載していること、背面がカーブになっておりGalaxy Sより薄く感じることが挙げられています。

Nexus Oneは、携帯市場をキャリア主体からプラットフォーム(Google)主体に変革させるという志はさておき、余分なアプリやUIのない、Android 2.1のショーケースとしての役割は十分に果たしました。とすればGingerbreadの発表が間近に迫ったこのタイミングでNexus Twoが登場するというのは、それなりに筋の通った話です。

ちなみに今年7月の時点では、Googleのエリック・シュミットCEOは「一年半前時点のアイデアは、Nexus Oneによって携帯プラットフォームのハードウェアビジネスを前進させることにあった。それははっきりと出来た。ちゃんと成功した。だから後継機を作る必要はない」と発言していました。誰を信じるかはさておき、もしNexusシリーズを続けるつもりなら、あと5端末ほど頑張って欲しいものです。


CITY A.M., Android and Me, Gizmodo, Telegraph
Permalink | Email this | Comments

TPSの形をした日本的アクションの最新形態『VANQUISH』稲葉敦志プロデューサーに聞く・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第11回

三上真司氏といえば、『バイオハザード』シリーズの生みの親として、また『バイオハザード4』で、シリーズの雰囲気はそのままに、欧米で主流になっていた、FPS、TPSといったアクションシューティングゲーム的要素をうまく加えながら新境地を切り開いたことで知られる世界的なクリエイター。その三上氏の最新作がこの『VANQUISH』です。以前から期待していたこともあり、作品をさっそくプレイ。近未来、スペースコロニー、ロシア対アメリカという往年のハリウッド製アクション映画や、日本のSFアニメで培われた文脈を継承しつつ、先端技術やCG、VFXをふんだんに用い、壮大なスケールとリアリティでプレイヤーを圧倒します。ただし、実際にコントローラを握ってプレイして実感したのは、『VANQUISH』は紛れもなく純正の国産アクションゲームである、ということです。一見、欧米的なシューターでありながら、筆者が感じたこの日本的な感覚はどこから来るのかを確かめたくなりさっそく大阪にあるプラチナゲームズを訪問。同作品のプロデューサーである稲葉敦志氏を訪ねました。稲葉プロデューサー―――まずどのようなきっかけで『VANQUISH』が生まれたのか教えてください。稲葉敦志(以下、稲葉):開発がスタートしたのは2年半位前ですね。『BAYONETTA』の開発がピークを迎えていた時期なので。最初に三上ディレクターから、宇宙を舞台にした、具体的にはスペースコロニーを舞台としたゲームをつくりたいという企画があがって、そこに僕らの経験をベースに何か新しいモノを生み出していこうという気持ち、そして会社としてこれまでチャレンジしたことがないシューターをやってみようという思いが重なりあい、最初のドロドロとしたアイデアの塊のようなものが生み出されたという感じで開発がスタートしました。開発チームとしては最終的にはのべ70-80人位の体制になっていました。コンポーザーとして『killer7』『ゴッドハンド』の楽曲を担当した高田雅史氏や、キャラクターデザインとして『戦国BASARA』シリーズで数々のメインキャラクターをデザインした土林誠氏といった外部のクリエイターの方も参加しています。―――ソビエト連邦が解体されている未来において敢えてロシアとアメリカ間での対立構造を持ち出したわけですが、それを説明するうえでどのような工夫を凝らしたのでしょうか?稲葉: 実は当初はもっと複雑な世界観だったんです。いろんな国の間に対立構造があって、みたいな。で、宇宙で決着をつけるというストーリーを構想していたのですが、やはりいまいち分かりにくいというのがあって、ここの構図はシンプルにしたほうがいいよねという意見が、当社の国内スタッフならびに外国人スタッフ双方からありました。それで、最終的に「古き良き構図」とも言える、一番誰もが理解できる大国対大国といった構図にしたんです。近未来だからといってそれに合わせた世界構造を考えても誰もがなじめるわけではありませんから。同時に、本作はロシア人が国としてアメリカと対立しているというよりは、一部の過激派が引き起こした事件としているのでロシアに対して悪意を感じさせることはありません。プロモーションなどで、ロシア人も関わっているのですが、非常に楽しんでやってくれていますよ(笑)。■日本アニメや往年のハリウッド映画で培われたストーリテリングの文法を『VANQUISH』で生かす―――スペースコロニー内部の巨大さには圧倒されました。登場するステージもバラエティ豊かですよね。稲葉:もともと、巨大なシリンダー形であるコロニーは生かそうと思っていました。大自然ではなく巨大な人工物の雄大さを出したいという思いがあったので。ただ、人工的な建築物だけだと飽きると思うんです。特に宇宙を舞台にしたりすると同じ様なシーンが続いてしまうので、変化は絶対に必要ですね。「宇宙」というテーマを最初に印象づけているからこそ、森のシーンが逆に生きるんです。そして森のシーンを潜り抜けた後の宇宙的シーンがより印象深いものになる。同時に、『ガンダム』の宇宙世紀のようなアニメ的な文脈で育ってきたひとたちも、SF映画の中で育ってきたひとたちにも理解してもらいたいのでこれらの人たちがスペースコロニーに感じる文脈はしっかりと押さえたつもりです。巨大なコロニー―――主人公サムが装着する特殊スーツ(ARS)のデザインも非常に先鋭的なのですが、これについては、三上氏も日本アニメからインスピレーションを得たとおっしゃっていましたね。稲葉:アニメ版「新造人間キャシャーン」です。僕らのスタッフは、リアルタイムではないにしても「キャシャーン」を知っている世代がメインなんです。子供の頃に見たカッコ良さ、僕らの血となり肉となっているカッコ良さを追求しようとした結果として「キャシャーン」が選ばれました。ブーストを随所に入れられる設定も三上ディレクターが様々なメディアで語っているように、「シューティングときどきキャシャーン」を地でいってます(笑)。普通のシューティングゲームのテンポは本作と比較して割とゆっくりとしたテンポになります。カバーして敵弾を逃れ、攻撃して、カバー、といった繰り返しで、点と点を結ぶようなゲーム展開ですが、『VANQUISH』はステージを面として使ったゲームプレイが出来るアクティブなものになっています。従来のシューターにこの側面を加えたのがゲームデザインとしての変革だと思っています。特殊スーツ―――ブーストなどに見られるような日本的アクションゲームの爽快感とシューターの醍醐味が見事に融合していますが、この辺のバランスはどのようにつくりあげてきたのでしょう?稲葉:『VANQUISH』でデザインしたテンションは、ある意味シューターとは別モノであると考えています。 シューターの面白さも当然入っていますが、ガンガンと前に出て行って自分の力で倒すというのがこのゲームが生み出した新しい爽快感です。隠れるのではなく前に出る。接近して何かを行うというのがこのゲームの迫力につながっていますし、敵に倒されかけても素早くブーストによって回避が出来たりと、自分のテンションとペースで戦場を支配できるのが、本作のアクションゲーム的側面だと思っています。そこはすごく大事なところですね。巨大なボス戦もアクションゲーム好きにとって本当に楽しめる作りになっているんです。―――それに対して脇を固めるキャラクターはいかにもアメリカ人という感じですね。稲葉:もともと「男くさい」というのも重要なコンセプトだったんです。サムの横で常に戦っているロバート・バーンズもめちゃくちゃ男っぽいんで、スタイル自体はスマートなサムもコンセプトはどちらかといえば、「カッコ良いおっさん」だったんです。JRPGにあるような髭も生えないしご飯も食べていなさそうなキャラクターではなく、しっかりと生きている、生物的な強さをもったおじさんというのを思い描きました。分かりやすく言えば、若いときのクリント・イーストウッドですね。渋さと強さをキャラクターデザインに求めました。―――そう言われると、タバコもサムのトレードマークのように使われていますよね。稲葉:タバコはもともと「カッコ良さ」を演出するための男のアイテムですよね。三上ディレクターもすごいヘビースモーカーですし。また、タバコやお酒といった嗜好品を様々な事情からゲームに登場させにくくなっているという状況があります。そのような現状に対して、僕らはこういう形で「カッコ良さ」を描くんだ、といった気概を示すというのも三上さんの中にはあったと思います。―――ロックオンレーザーをはじめ各種武器のエフェクトも一般的なシューターのそれとはまったく違いますね。稲葉:ミサイルやレーザーのカッコ良い表現というのは自然に出てくるものなんです。アニメの世界では、割とこのような表現は使われているのですが、本作のようなハイパーリアルな映像でこのような表現が使われたことはなかなかないことだと思います。リアル系近未来ミリタリーモノの『VANQUISH』に日本のアニメ的な誇張表現が重なったことで本当に面白い効果になったと感じています。「糸ひきミサイル」とかね(笑)。 たくさんミサイルが飛ぶとなったらやっぱりそうなりますよ!―――サウンドエフェクトも特殊ですよね。稲葉:もともとこのゲームは四方八方から銃弾が飛び交うようになっているので音もその中で目立たないと自分で撃っている感覚が出ないのでそうしています。そこのデザインはすごく大事ですね。戦争ゲームではありながら近未来ということをふまえた、「このような音がありそう」という雰囲気も大切にしました。音、グラフィックともにそうですが、それぞれ面白さは感じてもらえてもそれがウソ臭さにならないように注意しました。―――初回限定のダウンロード専用コンテンツ(以下、DLC)として、ブーストマシンガン、レーザーキャノン、そしてアンチアーマーピストルが使用できるわけですが、これらの兵器は通常兵器よりも特徴が際立っていますよね。稲葉:ゲーム中はオーソドックスな武器から序々に近未来的な兵器を登場させるようなゲームデザインになっているのですが、DLCではそういったことは切り離して、単純に「これ、面白え~!」と言ってもらえるようなインパクトがあるものを選別しています。■シューターをベースにしつつも本質は日本のアクションゲーム―――作品をプレイして20~30分程度でボス級の巨大兵器アルゴスを登場させていますが、なぜそのようにしたのでしょうか?稲葉:デザインのケレン味でいうとすごく日本人の感性が出ていると思います。ロボットというところに対しての日本人の得意さ、海外の作り手が直面してしまうリアルを追求した結果地味になってしまいがちなところをアニメ的なテイストを入れることと、アクションゲームの文法ですよね。巨大な敵を倒すことで爽快感を感じるというのは。僕らのスタジオが作ってきたアクションゲームの得意さはそこにあると思うのですが、この2つの得意な部分を掛け合わせて『VANQUISH』が生まれたと思っています。―――ライバル的な存在である赤色のバトルスーツで身を包んだボギーは日本の敵キャラクターっぽいですよね。稲葉:このゲームがアクティブなゲームである、アクションを駆使すべきゲームであるということは敵にもそれなりのアクティブさが必要になってきます。だとすれば、自分だけがヒーローというわけではなくそれを鏡に映すような存在がゲームの中で必要となってきますよね。更に自分の装備を凌駕するものが登場するゾクゾク感も忘れてはいけません。これはアニメでもよくある状況ですが、定番でもワクワク出来る状況はゲームに取り入れました。―――総じて、作品としてアニメ好きな方もかなり意識したイメージがあるのですが、その辺のこだわりについても教えてください。稲葉:昔のアニメと言わずに今にいたるまでのロボットモノのアニメが好きな幅広い世代が楽しめる作品になっていると思います。『ガンダム』シリーズや『マクロス』シリーズで育ってきた世代がこのゲームを遊ぶと、思わず笑ってしまうようなシーンがいくつか出てくるかもしれません。そんな人たちにも是非遊んでもらいたいですね。また、一見、「難しそうなゲーム」というイメージがあるかもしれませんが、アニメ好きだろうが、アクションゲーム好きだろうが、最初から入り込めるゲームデザインになっています。「カジュアルオート」モードを選択すると自動照準になるので、楽なプレイではなく面白いプレイが出来るようになっています。楽なプレイだと面白みがごっそりと抜けてしまいますので。上級者でも一回目はカジュアルオートでプレイすることをオススメする位です。ゲーム進行は早くなりますが、その分ドラマを十分楽しめるんです。またクリア後にノーマルでプレイすることで得られる楽しみも残しています。―――また、三上真司ディレクターのテイストも全編にわたって感じることが出来るんですね?稲葉:三上真司ディレクターもいまでこそ東京にいますが、当時は大阪在住でずっと開発チームに張りついてもらいました。ゲームのクオリティ、撃って敵を倒す面白さや激しいアクション、全てにわたって三上ディレクターのこだわりが貫かれています。「キャシャーン」的要素に関しても、三上ディレクターはリアルタイムで見ているので、そのテイストと面白さを存分に『VANQUISH』につめこんでもらえたと思っています。―――では、最後に読者の皆さまにも一言。稲葉:TPSのようなシューターというと一般的に日本のみなさんには敬遠されがちですが、『VANQUISH』は前に出て行ってアクションを楽しむゲームです。アクションゲームファンだろうが、シューターファンだろうがアニメファンだろうがだれもが遊べる間口の広い作品となっているので恐れずにやってほしいなと思います。プレイさえしてもらえば満足してもらえる自信はもっているので是非一度プレイしてみてください。―――ありがとうございました!

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2347...

ニンテンドー3DS体験会が2011年1月に開催 ― 岩田社長自ら説明

任天堂は、2011年2月26日に発売予定の新ハード「ニンテンドー3DS」を実際に体験することが出来る体験会を開催することを発表しました。「ニンテンドー3DS お客様向け体験イベント」は、2011年1月8日~10日の3日間、幕張メッセ展示ホール5にて開催されます。岩田社長は「裸眼立体視による新しいゲームとはいかなるものなのか、従来のニンテンドーDSとどう変わるのか、どんなソフトがハード発売時・近未来に用意されるのか、などをゲームファンにご紹介したい機会と考えています。世界で初めてニンテンドー3DSを体験できる準備を進めていますので、多くのみなさんにご来場していただき、ニンテンドー3DSの価値を実感していただければと思います」と動画を通じて説明。詳しい詳細は後日任天堂ホームページにて発表される予定です。。なお、任天堂単独で開催する体験イベントは現時点では予定されてないものの、今後発売前にニンテンドー3DSを体験できる取り組みを現在検討中とのことです。

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2346...

グリー、企業PR支援アプリでゲーム内で商品紹介するサービスを開始・・・朝刊チェック(10/29)

本日の朝刊チェックです。今日は「キン肉マンの日」です。1979年に集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載されて以来、多くのファンを獲得した日本を代表する漫画作品でありアニメ作品である「キン肉マン」(ゆでたまご原作)の記念日をと集英社が制定。日付はキン(金曜日)と肉(29日)を組み合わせたもので、1年に数回しかありません。2007年は6月、2008年は2月と8月、2009年は5月のみ。日経流通新聞9面「グリー、企業PR支援アプリで商品など紹介」携帯向けゲームサイト大手のグリーは同社が運営する交流サイトのGREEで、ゲームなどのアプリケーションを通じて企業の製品などを宣伝できるサービスを始めました。アプリの企画、開発、運営を一括して担います。GREEを利用する30代~40代をターゲット層とする食品や小売業、サービス業などの需要を見込みます。商品名は「GREEソーシャル・アプリ」で、価格は1ヵ月800万円から。日経流通新聞9面「ソネット、オンラインゲームアジア中心に展開」ソネットエンタテイメントはアジアを中心にオンラインゲーム事業展開していく方針を発表しました。27日に都内で開催した業績説明会で表明。現地企業とライセンス契約し、自社で運営するゲームのアジア展開を強化。今後は韓国などにサービスを広げていく考え。仮想ペット育成ゲーム『リヴリーアイランド』で、台湾など3ヶ国ではすでに提供が始まっています。競合が多いアメリカについては「上半期に配信タイトル数や運営人員を削減し、事業を縮小した」とし、さらに効率化を進める考えを示しました。

Published by  Published by xFruits
Original source : http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2345...
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
欲しいものがあったらAmazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
ブログランキング
サイト生存日数
アクセスランキング
秋山澪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3552位
ブログの応援をする
[サブジャンルランキング]
レビュー
610位

ブログの応援をする
QRコード
QR
おすすめリンク
キャバクラ求人|ラブキャバ

あべの経済新聞


真・2ちゃんねる

キャバクラアルバイト

情報盛りだくさん「ラブキャバ」荒木さやかちゃんがオフィシャルモデルのキャバクラアルバイト情報サイトだよ☆

経験者も未経験者も嬉しいプレゼントなどもありますよ☆

全額日払い・自由出勤などキャバクラアルバイト情報が盛りだくさん♪


夏も終わりに近づき働きやすい季節だしお金を貯めたい!

イベントとか急な出費で困っている・・・

ブランド品とか欲しい物がある・・・キャバクラアルバイトに興味があれば理由はなんでもOK!


ラブキャバはキャバクラデビューを応援しているので、経験のない方はもちろんガッチリ稼ぎたい子、学生さんやOLさんWワークの子も大歓迎だよ!


みんな是非キャバクラアルバイト 情報「ラブキャバ」をチェックしてね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。